出張マッサージでリンパマッサージを受けるなら力加減は申告しよう

出張マッサージを依頼した際に、むくみや疲れが酷い時にはリンパマッサージを依頼する人も多いです。通常のオイルマッサージとは異なり、部位や施術時の力加減により多少痛みを伴うからこそ、出張マッサージではコミュニケーションが大切になります。リンパマッサージでは、力任せにリンパを押し流すことをせずに、セラピストが自らの手肌で感じ取った状況に合わせて加える圧力を変化させるわけです。心地よい状態でありながら、多少痛みがあるかもしれないという程度に留めることが出来れば、実力派のセラピストと考えて良いでしょう。お気に入りのセラピストから受ける施術だからといって、痛みを我慢して受けることはせずに力加減は会話の中で自ら申告してあげると喜ばれます。なぜなら、男女間の力には感じ方の差があるので、個人差とも相まってセラピストにとっては男性客に対してどの程度圧迫を加えれば良いのか分からない状況となりやすいからです。痛気持ちいい程度の心地良いリンパマッサージならば、ゆったりとしたペースで続けてもらうことで、翌朝起きた時の身体の軽さに驚くことでしょう。心身ともにリラックス出来るお気に入りセラピストを見つけたら、店を移籍しても関係が切れないように直接連絡できる手段を確保しておくと良いです。

ホームに戻る